薄毛が原因で就職活動がうまくいかない…そんな悩みが急増中

この季節になると内定をもらえたとかなかなか就職先が決まらないとかいう話がチラホラ聞こえているのではないでしょうか。

今までほとんど気にする必要がなかったのに最近になって毎日の様に気になってきた、もしくは気にはしていたけど更に憂鬱になってしまったという悩みが「薄毛」らしいです。

就職先が決まらず、今もなお就職活動を続けている学生の中で「薄毛」が原因で面接に落ちたと思っている若者が増えているそうです。

面接を受けに行った会社で「貫禄があって取引先の方かと思いました。」と皮肉を言われることもあるという噂まで出てくる、この薄毛問題。若ハゲはやっぱり就職活動にも影響を与えているのでしょうか。

よく聞く話では、アメリカなどでは、肥満の人や喫煙者は自己管理ができていないとして職に就くことが難しいなどと言われますが、薄毛に関しては自己管理を超えたものです。

ひとつ言えるのは「薄毛」ということにコンプレックスを抱いてしまって自信をなくすと、本当は面接官はあまりきにしていなかった場合でも、あまり良い印象を与えることができないとか。

せっかくスーツを着て、綺麗な革靴を履いても、髪の毛を整えている時に自分の薄毛に目が行ってしまうと、それだけでなんだか落ちてしまうような気がしている方。

大丈夫です。

就職事情に詳しい作家が言うには「薄毛かどうかが与える就職試験への影響は殆ど無い」とのことですよ。必要なのは学生時代に学んだことをしっかりと面接官にアピールすることです。

カテゴリー: 薄毛・抜け毛   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>