頭皮の悩みにレッドライト!赤い光で抜け毛予防?

光の色が持つ作用って知っていますか?

近年では、東京都心のビル群でイネを育てたりする実験が行われ、LEDの光によって成長を早めたりするなどの試みがされています。

そんななかで注目されているのが「光療法」と呼ばれるものです。

光療法とは、光が持つ波長が及ぼすさまざまな影響をつかった療法の事を言いますが、最近話題になった「ブルーライト」はこの逆で、体に悪い影響を与えることで知られました。光が体に与える影響を研究し、良い方向で様々な病気へアプローチをかけるのが「光療法」です。

ちなみに、先ほどあげた「ブルーライト」。使いようによっては、ニキビや歯肉炎を防ぐ力があります。ブルーライトが持つ波長は、鎮痛作用を持つ一酸化窒素の生産を活性化させて、炎症を抑える効果があるそうで、光を当てるだけということもあり、細胞を傷つけることなく抗菌作用をもたらすことができるとして治療にも使われ始めています。

そして驚きなのが「レッドライト」。

レッドライトには異常細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させる作用があるとされていて、皮膚の病気ややけどなど、それだけでなくコラーゲンの生成、そして抜け毛にも働きかけるそうなんです。

なんか抜け毛が増えてきたなぁ…とお思いのアナタ!部屋の明かりを赤くして、頭皮にレッドライトを当ててみたら、もしかしたら抜け毛が減るかもしれませんよ!

カテゴリー: 薄毛・抜け毛   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>