毛が無い子牛が生まれました。なにもこんな寒い季節に…

14日にベルギーのある村で先天的に毛が無い(先天性無毛症)牛の子供が生まれました。

大抵の場合、毛が無い状態で生まれてきた子牛は生まれてすぐに死んでしまうらしいですが、そこは文明の力を使って、体を温めることで無事に命を取り留めたようです。

人間とは違って牛の子は生まれた時には既に毛が生えているのが当たり前。母親の体温でしっかり暖まっていても、生まれてすぐに自然の厳しい環境に出るので、通常ならしっかりと準備が整ってから生まれてきます。

暖房必須なのでちょっと電気代がかかるかもしれませんが、なにせ何も寒さから皮膚を守るものがない状態で生まれてきてしまったので仕方がありません。

そして嬉しいことに、先天的に毛が無いだけであとの健康状態は良好。この先、ずっと暖房のお世話になるわけにもいかないでしょうから、今のうちになにか着せるものを用意しているのではないでしょうか。

温暖化を叫ばれている昨今ですから、夏になったらもしかしたら過ごしやすくていいかもしれませんね。

この毛が無い子牛ですが、生まれた時から毛が生えていない先天性のものなので、その原因は遺伝子的な要素と考えられています。

先天性ではないにしても、私達も遅かれ早かれ毛がなくなってしまうかもしれませんが、寒さだけには気をつけて、この子牛のように力強く生きて行きたいですね。

カテゴリー: 薄毛・抜け毛   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>