体毛が多いと快感を得られる機会が増えるという研究結果

頭をなでなでされるとなんとなく「エヘヘ…」といい気分になるものです(?)。それは褒められているからと言うよりも、もしかしたらその「毛」を撫でられている事自体で快感を覚えているからかもしれないという驚きの研究結果が出ています。

アメリカ、カリフォルニア州のパサデナにあるカリフォルニア工科大学の科学者たちの研究結果によれば、マウスの体毛を特殊なブラシで撫でるのと同時に脳機能イメージング技術で被験動物の脳を観察すると、撫でている間はあるニューロン(神経細胞)が活発化することを発見したそうです。

しかもそのニューロン、体毛で覆われている体の部位だけに神経を伸ばしているので、「毛を撫でる」=「神経を刺激する」、つまりは「快感」にもつながるということです。

ちなみに、そのニューロンとはことなるニューロンは、つねった時の刺激に反応するらしいのでこちらも面白そうです。

撫でられることで活発化するニューロンはMRGPRB4と呼ばれるタンパク質で発現(生産)されていることから「「MRGPRB4ニューロン」と呼ばれています。

「同じ事が人間にも起こると決めるにはまだ早い」と研究者たちは言っていますが、髪の毛を触られるとなんとなくこそばゆくなるのは誰もが経験したことではないでしょうか。

薄毛やハゲでお悩みの方は、きっと髪を触ることで快感を得る機会すら減ってしまったことも原因の一つかもしれません。

ある意味、髪の毛がふさふさの人よりも厳しい環境で生きている自分のことを、もうすこし「なでなで」と褒めてあげるべきではないでしょうか

カテゴリー: 薄毛・抜け毛   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>